ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年10月18日 14時14分 公開

「ぶん殴って倒して勝った」クラタス “日米巨大ロボ対決”は引き分け

日米の“巨大ロボ対決”は、1勝1敗の引き分けとなった。

[ITmedia]

 日米の巨大ロボット対決が10月18日、動画サイト「Twitch」で配信された(YouTubeでアーカイブ視聴可能)。人が搭乗して操縦する「クラタス」を開発した日本の水道橋重工と、米国のロボット開発チームMegaBotsが全2試合を実施し、1勝1敗の引き分けとなった。

 2015年にMegaBotsが水道橋重工に決闘を申し込んだことで対決が実現。17年夏に日本で実施した全2試合を配信した。

 勝利条件は(1)相手ロボットをノックアウトする(2)相手ロボットを機能停止させる(2)パイロットが降参する、のいずれか。MegaBotsは2体のロボットを用意。1試合目は15年当時に公開した「Mk.II」(マークツー)を、2試合目は重量12トンの超巨大ロボ「Eagle Prime」を投入した。

1試合目
2試合目
現地入りした「Eagle Prime」

 初戦は開幕、近接格闘を得意とするクラタスがパワーアップした左腕を大きく掲げて先制パンチをくらわせ、Mk.IIの機体を後方に押し倒した。15年当時、水道橋重工を率いる倉田光吾郎さんが公言していた「ぶん殴って倒して勝つ」を有言実行した。

クラタスの先制パンチ

 2試合目は、クラタスより一回り大きいEagle Primeが登場。チェーンソーなど強力な武器を備える。Eagle Primeが遠隔射撃で様子見する中、クラタスは小型ドローンを相手のコックピットに飛ばし、目つぶし作戦を試みる。

遠隔射撃
クラタスはドラム缶の裏に隠れた
ドローンで目つぶし作戦
両者は接近
近接射撃を試みた

 その後、両者は接近して殴り合いに。Eagle Primeは近距離射撃でもダメージを与えていく。だが膠着(こうちゃく)状態となり、試合が仕切り直しとなった。

 再試合では、クラタスがマシンガン(BB弾)で先制の遠隔射撃。Eagle Primeは近場にあった柱をもぎ取り、横回転させることで弾を防いだ。両者は再度接近、Eagle Primeが秘密兵器のチェーンソーでクラタスの機体を切り裂いていく。実況席までクラタスを押し込み、Eagle Primeが勝利した。

BB弾を柱で防ぐ
秘密兵器のチェーンソー
クラタスの機体を切り込む
実況席へ押し倒されるクラタス
一方、実況席の様子
身の危険を感じて逃げ出した

 試合後、倉田さんは「すっげぇ、楽しかった!」とひと言。MegaBotsチームは「武器は、ドリル、火炎放射、電気などいろいろ考えた。でもロボットに搭乗した相手を殺してはいけないから使わなかったよ」と答えた。

Eagle Primeは2人乗り
米国のロボット開発チームMegaBots(左)と水道橋重工を率いる倉田光吾郎さん(右)(Facebookより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.