ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月23日 15時15分 公開

訪日外国人向け無料Wi-Fi、東西・千代田線に拡大 20年夏までにメトロ全線へ

東京メトロが、訪日外国人向けの車両内無料Wi-Fiを東西線と千代田線に順次導入する。

[ITmedia]

 東京メトロは10月23日、車両内で使える訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービスを、10月末から東西線と千代田線に順次導入すると発表した。2018年には丸の内線にも拡大し、20年夏までに東京メトロ全路線で提供する予定だ。

Wi-Fi 東京メトロの訪日外国人向け車両内無料Wi-Fiの導入状況

 無料Wi-Fiサービスは、現在銀座線1000系(一部編成)と日比谷線13000系で導入済み。利用には、Wi-Fi認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」か「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」(いずれもiOS/Android、無料)をダウンロードし事前登録が必要。16年6月からは、一部を除く東京メトロ全駅構内でも同様のサービスを提供している。

無料 無料Wi-Fiサービスの概要

 東京メトロは「昨今の訪日外国人数の増加を踏まえ、東京圏の鉄道ネットワークの中核を担う交通事業者として、一層の利便性向上を図る」としている。

無料
無料

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.