ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月24日 09時05分 公開

Facebook、広告を出さないページの投稿をメインフィードから追いやるテスト

Facebookがスロバキアなど6カ国で、広告を出さないFacebookページの投稿をニュースフィードから「発見フィード」に追いやるテストを開始した。同社はこれはまだテスト段階で世界で実施するかどうかは未定だとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが一部の国で、広告を出さないFacebookページからの投稿をニュースフィードではなく「発見フィード」にだけ表示するテストを開始した。英The Guardianが10月23日(現地時間)、Facebookからの声明文を添えてそう報じた。

 feed 1
 feed 2 発見フィードは分かりにくい場所からアクセスする必要がある

 このテストは現在、6カ国(スロバキア、スリランカ、セルビア、ボリビア、グアテマラ、カンボジア)で実施中という。Facebookは声明文で「友達や家族からの投稿をもっと簡単に見たいというユーザーの声に応えるため、ニュースフィードを2つに分けるテストを行っている。1つは友達と家族の投稿を表示するもので、もう1つはページからの投稿専用のものだ」と語った。

 だが実際は、ニュースフィードには友達と家族からのもの以外に、広告投稿が表示される。広告付きのものであればページからの投稿もこちらに表示される。もう1つのページからの投稿専用のものというのは発見フィードのことで、発見フィードは本来、「いいね!」していないページの投稿を掲載するものと発表段階では説明されていた。

 Facebookはページオーナーに対し、投稿ごとに「投稿の広告を出す」ことを勧める。

 feed 3

 スロバキアのジャーナリスト、フィリップ・ストルハリック氏はMediumで、ページへのオーガニックリーチ(広告を出していない投稿へのリーチ)がこれまでになく減ったと書いている。同氏がコンテンツ解析ツールCrowdTangleで解析したところ、テスト開始後、スロバキアの60の主要メディアページへのインタラクション(いいね、コメント、共有)は4分の1に減少したとしている。

 Facebookは同日、この報道を受け、「これはまだテスト段階であり、世界で実施する計画は今のところない」と語った。「こうしたテストを実施することは、ユーザーとページオーナーにとって何が最善かを理解する助けになる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.