ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月26日 06時57分 公開

Apple、「iPhone X」製造加速のために顔認識の品質基準を下げたといううわさを強く否定

品薄が予想されるハイエンド端末「iPhone X」についてBloombergが「製造加速のためにAppleがFace ID関連の品質基準を下げた」と報じたことに対し、Appleは「まったくの虚偽」と否定し、「他人がiPhoneのロックを解除できる確率は100万分の1程度のまま」と語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Bloombergは10月25日(現地時間)、米Appleが11月3日発売予定のハイエンド端末「iPhone X」に関し、製造を急ぐあまりサプライヤーに品質基準を下げてよいと告げたと、この状況に詳しい情報筋の話として報じた。Appleは同日深夜、これを否定する声明文を出した。

 bloomberg 1

 iPhone Xは、ディスプレイが有機ELであることや新技術を搭載することから、発表直後から入手困難が予想されている。9月末には、顔認識機能「Face ID」がその原因の1つであると報じられた

 bloomberg 2 Face ID(Appleの9月のイベント動画より)

 Bloombergによると、このFace IDを実現するためのセンサーの精度をAppleの要求基準にするのが難しく、ボトルネックになっているという。新基準がどのくらい下げられたものかは不明としている。

 Appleは声明文で「弊社がFace IDの精度を下げたと報じたブルームバーグの記事はまったくの虚偽です。私たちはFace IDが顔認証の新たな業界の最高基準となることを期待しています」と語った。

 「Face IDの品質と精度に変更はありません。他人がiPhoneのロックを解除できる確率は100万分の1程度のままです」とも。

 Appleがサプライヤーに求める品質基準は厳格なことで知られる。かつて、「iPhone 5」発売の際、品質基準の厳しさが原因でサプライヤーの工場でストライキが発生した。

 iPhone Xの予約は米東部時間の10月27日午前0時1分(太平洋夏時間。日本時間では27日午後4時1分)にapple.comおよびApple Storeアプリで開始する。発売は各国の11月3日の午前8時から。Appleは「実店舗は足を運んでくれる顧客のためのiPhone Xを用意する。早めに来ることを奨励する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.