ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年10月27日 14時01分 公開

間もなく予約開始! 「iPhone X」購入を迷っている人向け“総復習” (1/2)

今日の16時1分から予約を開始する「iPhone X」。既存のiPhoneシリーズと何が違うのか? その特徴を改めて見ていこう。

[村上万純,ITmedia]

 本日、10月27日16時1分に予約を開始するAppleのハイエンド端末「iPhone X」。有機ELディスプレイを採用し、顔認証機能「Face ID」、ワイヤレス充電などに対応するのが特徴だ。

 価格は11万2800円(税別)からで、同時期に発表された「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の「7万8800円/8万9800円〜」(税別)に比べても高価格なのが分かる。

 一目で従来のiPhoneとは異なることが分かる、本体前面のほぼ全てを5.8インチディスプレイが占める外観や、さまざまな新機能は、iPhoneユーザーはもちろんAndroidユーザーにとっても魅力的なものだろう。

X 「iPhone X」

 また、その価格故にiPhone Xの購入を迷っている人もいるはずだ。初回生産量が少ないという声もあり、かつてない過酷な争奪戦が予想されるため、予約戦争に出遅れてしまうと入手に時間がかかってしまう可能性もある。

 iPhone Xは“買い”なのか? 迷っている人は、改めてその特徴をおさらいしてみよう。

X 「iPhone X」と「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」

「歴代最高の高精細」ディスプレイ

 iPhone Xは、「歴代iPhoneで最も高精細」という、5.8インチ(2436×1125ピクセル)の有機ELディスプレイ(458ppi)を搭載する。ディスプレイ上部に「切り欠き」があるのも特徴だ。

切り欠き

 「A11 Bionic」チップを採用し、iPhone 7と比べると処理性能が最大70%高速化、グラフィックス性能が最大30%高速化したという。

 ストレージは64GBと256GBを用意。本体サイズは143.6(高さ)×70.9(幅)×7.7(厚さ)ミリ、重量は174グラム。カラーはシルバー、スペースグレイの2色。

 カメラは、広角と望遠の2種類のレンズが並ぶ「デュアルレンズカメラ」を搭載(広角側のF値は1.8、望遠側は2.4)。光学ズーム、最大10倍のデジタルズームに対応した。両レンズで使える光学式手ブレ補正機能や、クアッドLED True Toneフラッシュなどを備える。

 4K動画撮影は、24fps/30fps/60fpsの3つを、スローモーションはフルHDのまま120fps/240fpsを選択できるようになった。

カメラ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.