ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年11月01日 21時20分 公開

映像を見て感じた内容を言語化、脳波で推定

人間の脳波を読み解き、目で見て感じた内容を、1万単語で言語化する技術を、NICTが開発した。

[ITmedia]

 人間の脳波を読み解くことで、映像を見て感じた内容を、1万個の単語(名詞、動詞、形容詞)で言語化する技術を開発したと、NICT脳情報通信融合研究センターが11月1日に発表した。形容詞に対応したことで、物への“印象”も分かるという。発話や筆談が難しい人が頭の中で考えただけでコミュニケーションできるなど、応用が期待できる。

photo

 研究グループは、1万個の単語を“点”とみなし、例えば「犬」と「猫」は近く、「猫」と「建物」は遠く――というように、意味な近さ・遠さを位置関係で表した「言語特徴空間」を作成した。

 その上で(1)約2時間の映像を見た被験者がシーンごとに書いた説明文を1万個の単語に言い換え、言語特徴空間に描き入れたもの、(2)別の被験者にも同じ映像を見せて脳波を計測し、現れた脳波同士の関係性を図示したもの――を用意。(1)と(2)を対応付けることで、新たに計測した脳波でも、意味が近しい単語を推定できるようにした。

photo 約2時間の映像を見た被験者の説明文(B)、別の被験者にも同じ映像を見せて計測した脳波データ(A)を対応させた
photo 新たに計測した脳波でも、意味が近しい単語を推定できるように

 NICTによれば、これまでも映像を見て感じた物体と動作の内容を、約500単語で推定した例はあった。約20倍の1万単語を使えば、より解釈しやすい言葉で表現できる。また形容詞にも対応したことで、物を見た“印象”も解読が可能になるとしている。

 研究成果は、神経科学の国際科学誌「NeuroImage」(電子版)に掲載された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.