ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月02日 11時35分 公開

AppleのARKitもサポート:Google、AR/VR向け無料3Dオブジェクトライブラリ「Poly」

Googleが、自社の「ARCore」だけでなくAppleの「ARKit」もサポートするAR/VR向けの無料3Dオブジェクトライブラリ「Poly」を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月1日(現地時間)、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)で無料で使える3Dオブジェクトを集めたライブラリサイト「Poly」を立ち上げたと発表した。

 poly 1 Polyのトップページ

 ロボットや建造物、動物など、数千点の3Dオブジェクトが登録されており、左上の[≡]で表示するカテゴリーから選んだり、単語で検索できる(本稿執筆現在、日本語には非対応)。

 poly 2 「cat」の検索結果

 ちなみに、Googleが投稿した「ハンバーガー」の3Dオブジェクトはスンダー・ピチャイCEOもツイートしたパテの下にスライスチーズがあるGoogleの絵文字とは異なり、スライスチーズはパテより上にある。

 poly 3 Googleによる3Dハンバーガー

 気に入ったオブジェクトはダウンロードして自分のAR/VRアプリなどで使える(所定のライセンスに従う必要はある)。Googleの「ARCore」だけでなく、Appleの「ARKit」もサポートする。

 ダウンロードしたオブジェクトは、Windows 10の「3D ペイント」で開き、編集することも可能だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.