ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年11月06日 15時49分 公開

Airbnb、ANA、Peachが連携 宿泊するとマイルやクーポンを付与

ANA、Peach Aviation、Airbnb Japanがパートナーシップ契約を締結。各社のマーケティング力を活用し、日本国内の新しいユーザー層の需要を喚起する狙い。

[ITmedia]

 全日本空輸(ANA)、Peach Aviation、民泊サービス大手のAirbnb Japanは11月6日、パートナーシップ契約を結んだと発表した。ANA、PeachのWebサイト経由でAirbnbの宿泊施設を予約し泊まると、マイルやクーポンを付与する。各社のマーケティング力を活用し、日本国内の新しいユーザー層の需要喚起につなげる狙いだ。

photo 左からANAの志岐隆史副社長、Airbnb Japanの田邉泰之代表取締役、Peach Aviationの井上慎一CEO

 同日「ANA/Airbnb暮らすように旅しよう♪キャンペーン」と題した特設サイトをオープンした。サイト内で「京町屋に泊まろう」「国内リゾート生活」などのテーマからAirbnbの宿を選び、予約・宿泊すると、宿泊代金に応じてマイルがたまる(ANAマイレージクラブ会員向け、最大200マイル)。Airbnb宿泊の新規予約に使える、1人当たり3000円分のクーポンももらえる(日本国内のユーザーのみ)。

photo 特設サイトより

 Peachは2018年春、Airbnbと連携する予約サービス「COTABI」を始める。「“人から検索”するソーシャル旅」をテーマに、他のユーザーが提案する旅行プランを閲覧、そのまま予約できる仕組みを整える。開始に先立ち、Airbnbの宿を予約できるサイトをオープンし、クーポンをプレゼントする。

 Airbnb Japanの田邉泰之代表取締役は「世界をリードするエアラインであるANA、Peachと手を組み、新しい旅のスタイルを啓蒙し、地域への送客を含めた地方創生への貢献を目指す」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.