ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月06日 16時33分 公開

Slackの大規模障害、原因が明らかに

Slackで11月1日に起きた障害の原因を、運営元が明らかにした。

[ITmedia]

 ビジネス向けコラボレーションツール「Slack」で、11月1日午前8時ごろ(日本時間)から約2時間半にわたり、全世界のユーザーが利用できなくなる大規模障害が起きた。この障害の原因について、運営元の米Slack Technologiesがこのほど、「Slack System Status」で明らかにした。

画像 Slack System Statusより

 それによると障害の原因は、社内で行っているソフトウェアの定期的なデプロイをサーバに適用したこと。その結果、全ユーザーの接続が切断され、再接続できなくなってしまったという。

 問題特定後、ユーザーからのリクエストを処理するためにハードウェアを増強。ユーザーがオンラインに復帰した時の過負荷を防ぐため、段階的に再接続できるようにしたという。

 同社は「われわれはユーザーがSlackに依存していることを理解している」とし、改めて謝罪している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.