ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月08日 10時51分 公開

Twitter、日本語ツイートでも英数字は「0.5文字分」に 残り文字数表示も変更

Twitterが文字数制限を緩和。日本語は140文字制限のままだが、半角英数字や記号を含む場合、その部分は「1文字」ではなく「0.5文字」とカウントされるようになった。

[岡田有花,ITmedia]

 米Twitterは11月8日(日本時間)、英語などの言語で、ツイートできる文字数の上限を140文字から280文字に拡大した。日本語は対象外で、140文字制限のままだが、半角英数字や半角記号を含む場合、その部分は「1文字」ではなく「0.5文字」とカウントされるようになった。このため、日本語ツイートでも半角英数字を含む場合は、従来よりも多い文字数で投稿できる。

 あわせて、入力時に残り文字数を表示する仕様を変更し、従来の数字によるカウントダウン方式から、円形のゲージに変えた。

画像 iOS版のツイート投稿画面より。日本語・半角英数字が混在すると、これぐらいの長さを投稿できる

 文字数制限の緩和は、英語やドイツ語など、日本語、中国語、韓国語を除く言語が対象。140文字から280文字に拡大した。日本のユーザーの場合も、英数字や記号など半角文字のみでツイートすれば、280文字まで投稿が可能だ。半角英数字・記号と全角日本語が混在する場合、半角は「0.5文字」、全角は「1文字」とカウントされる。半角カナは「1文字」とカウントされるようだ。

 あわせて、文字数カウンターの仕様も変わった。以前は、文字数上限の140からカウントがスタートし、1文字入力するごとに1ずつ減っていたが、新仕様では、入力スタート時は文字数カウンターが表示されない。代わりに円形のゲージを表示。文字を入力するにつれて円が青色に変わっていき、10を切るとオレンジ色に変わるとともに、残り文字数が数字でも表示される。

画像 残り文字数表示は、数字(左)から円形のゲージに変更
画像 残り文字数が9を切るとゲージがオレンジ色に

 Twitter Japanのブログによると、さまざまな表示法を試し、ユーザーテストを行ったという。例えば、残り20文字になるまで文字数カウンターを表示せず、制限に近づくとカーソルの後に残りの文字数を表示するデザインも試したが不評だった。一方、円形アイコンと数字の両方が表示されているデザインは好評だったという。「円形アイコンで残り文字数のイメージが分かり、かつ、はじめから数字が表示されることによるプレッシャーを感じることなくツイートを書ける」などの意見があったとしている。

 このデザイン変更に対して、日本のユーザーからは賛否両論がある。「残り文字数が数字で出ないのは分かりづらい」「使いにくくなった」という声が大半だが、「日本語なら全角140文字、半角英数字なら280文字分打てるという新仕様なら、残り文字数がギリギリまで数字表示されないのは納得がいく」という意見も出ている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.