ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2017年11月08日 19時51分 公開

「スマスピ」おしゃべり広場:ついに日本上陸 Amazon「Alexa」で生活はどう変わる? (1/2)

Amazonの音声アシスタント「Alexa」が日本語に対応。各企業が続々とAlexa連携する製品・サービスを発表している。

[村上万純,ITmedia]

 11月8日、アマゾンジャパンがクラウドベースの音声アシスタント「Alexa」の日本上陸を発表した。Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」も来週に出荷を開始。既に発売中の「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」に加え、AIスピーカー競争が激化しそうだ。

エコー 音声アシスタント「Alexa」搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」

連載:「スマスピ」おしゃべり広場

今話題の「スマートスピーカー」はわれわれの生活をどう変えていくのか。Google、Amazon、LINEなど各社が参入する「スマスピ」事情をさまざまな角度から紹介していきます。


 Alexaの日本語対応発表と同タイミングで、各企業も続々とAlexa連携の製品・サービスを発表。各社が提供するAlexaの「スキル」(サービスや機能)は現時点で265個にも上る。ITmediaもこの波に乗り、ニュース記事読み上げサービスを開始。ITmedia NEWS、ITmedia Mobile、ITmedia PC USER、ITmedia LifeStyle、ITmedia ビジネスオンラインの5媒体で対象記事の音声ニュースを提供する。

スキル 11月8日15時から各社がAlexa関連リリースを続々と配信している

 ニュース記事の読み上げサービスは大手新聞社やテレビ局なども次々対応。メディア以外も、家電メーカーなどが家電リモコンスキルを用意したり、Alexa搭載スピーカーを発表するなど、国内でも対応機器が増えつつある。

 Alexaの日本上陸で、私たちの生活はどう変わるのか。各社が発表したAlexaの「スキル」をざっくりと分類して紹介したい。

スキル 各社が提供する「スキル」
スキル
スキル
スキル

ニュースの読み上げ

 既にGoogle Homeなどを利用しているユーザーにとってはおなじみの機能である「ニュースの読み上げ」機能。Alexa搭載デバイスに「アレクサ、今日のニュースを教えて」と呼び掛けると、対象ニュースを音声で読み上げてくれる。

 Alexaがニュースの読み上げに対応する主なメディアは以下の通り。

  • NHK
  • TBSテレビ
  • テレビ東京
  • 朝日新聞
  • 毎日新聞
  • J-WAVE
  • radiko.jp
  • ITmedia
  • Yahoo!ニュース
  • Impress Watch
  • CNET Japan
  • BuzzFeed Japan
  • TechCrunch Japan
  • NEWSポストセブン
  • ウェザーニューズ

 このほか、インターネットテレビ局「AbemaTV」が、番組情報や番組検索などを音声でサポートするスキルを提供する。

家電操作やスマートロックに

 照明、テレビ、エアコンを操作したり、玄関の鍵を閉めたりといった「スマートホーム」の実現にも一役買ってくれる。

 例えば、ロボット掃除機「ルンバ」のWi-Fiモデルに「アレクサ、ルンバを使って掃除機して」と言うとルンバが動き出す、フィリップスのLED照明「Hue」に「アレクサ、明かりをつけて」と言うと明かりがつく──といった具合だ。

 Alexa対応する主な家電、周辺機器は以下の通り。

  • 「ルンバ」(ロボット掃除機)
  • 「Philips Hue」(LED照明)
  • 「Qrio Smart Lock」(スマートロック)
  • 「iRemocon」(家電リモコン)
  • 「RS-WFIREX3」(ソフトバンク コマース&サービスとラトックシステムの家電リモコン)
  • 「eRemote」(家電リモコン)

 ルンバやHueは、Google Homeとも連携する。

家電 RS-WFIREX3」の家電操作イメージ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.