ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2017年11月08日 19時51分 公開

「スマスピ」おしゃべり広場:ついに日本上陸 Amazon「Alexa」で生活はどう変わる? (2/2)

[村上万純,ITmedia]
前のページへ 1|2       

各社のスマートスピーカーも

 コネクテッドデバイスに音声機能を追加する「Alexa Voice Service」が日本語対応したことで、メーカーはAlexa搭載を搭載するスマートフォンやウェアラブル機器、スマートスピーカーなども開発可能に。

 スマートスピーカーは、アンカー・ジャパンの「Eufy Genie」(4980円、税込)、オンキヨーの「P3 VC-PX30」(オープン価格)、ハーマンインターナショナルジャパンの「Harman Kardon Allure」(2万4880円、税別)などが年内に日本で発売される。

ハーマン ハーマンインターナショナルジャパンの「Harman Kardon Allure」(2万4880円、税別)

 ちなみに、アマゾンジャパンが発表した「Amazon Echo」、小型版「Echo Dot」、上位機種「Echo Plus」の価格は順に1万1980円、5980円、1万7980円(税込)。プライム会員なら、Echoは7980円、Echo Dotは3980円に割り引かれる。

 このほか、運輸業は京王電鉄、飲食業は「食べログ」「ぐるなび」、旅行業はジェイティービーなどがそれぞれAlexa対応スキルを提供。運行情報や飲食店情報のチェック、予約などが音声で行えるという。

 また、ポケモン社はピカチュウと会話できるスキル「ピカチュウトーク」を提供するなどユニークなものもある。

ピカチュウ ピカチュウと会話できるスキル「ピカチュウトーク」

 これらのサービスは来週の「Amazon Echo」発売から順次利用できる。今後もさまざまな企業がAmazonスキル開発に取り組むことが予想され、国内におけるスマートスピーカーの勢力図を大きく塗り替えようとしている。

 「音声操作」が生活に溶け込む未来が、すぐそこまでやってきている。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.