ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月14日 11時04分 公開

「Google Home」で「ごはんができたよ」が可能に ブロードキャスト機能追加

「Google Home」の「ブロードキャスト」は同じネットワーク上の複数のスピーカーから同時にメッセージを流せる機能。まずは英語版でローリングアウトし、他の言語にも追加の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月13日(現地時間)、スマートスピーカー「Google Home」シリーズと「Googleアシスタント」での「ブロードキャスト」を可能にしたと発表した。英語版でローリングアウト中で、日本語ではまだ使えない。

 同じWi-Fiネットワーク上にあるGoogle Homeシリーズ(Google Home、Google Home Max、Google Home Mini)のいずれかに向かって、例えば「OK Google、ごはんができたよってブロードキャストして」と呼び掛けると、あらかじめセットしておいた“ディナーベル”がネットワーク上のすべての対応スピーカーから鳴る。ベルだけでなく、メッセージを直接“放送”することも可能だ。例えば「OK Google、早く起きなさいとブロードキャストして」で子供部屋のGoogle Home Miniからそのメッセージを伝えられる。

 home

 さらに、Google Homeシリーズを設定しているスマートフォンのGoogleアシスタントに遠隔から「OK Google、これから帰るとブロードキャストして」と言うと、自宅の対応スピーカーからそのメッセージが流れる。

 この機能はまず、米、英、カナダ、オーストラリアの英語版でローリングアウトし、「その他の言語でも間もなく」使えるようになるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.