ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月16日 15時13分 公開

ソシャゲ不具合の原因、ソースコード開示して説明 「詫びソースコードとは斬新」と話題に

「ドラゴンボール ドッカンバトル」のガチャで不具合。運営側は、不具合があったプログラムのソースコードを開示し、どのようなミスだったかを説明した。

[ITmedia]

 スマートフォン向けソーシャルゲーム「ドラゴンボール ドッカンバトル」の「ガシャ」(ガチャ)で、出現するキャラクターの表示がユーザーごとに異なっていたことが判明し、「運営側がガチャの確率をユーザーごとに操作していたのでは」との疑惑が上がっていた。

 運営元は11月16日、「実際のガチャ提供割合は、全ユーザー共通だったが、表示上の不具合が起きていた」と説明し、疑惑を否定。さらに、不具合があったプログラムのソースコードを開示し、どのようなミスだったかを説明した。

 ゲームの不具合を説明するためにソースコードを開示するのは異例で、「斬新だ」とネットで話題を呼んでいる。

画像 ドラゴンボール ドッカンバトル
画像 不具合の詳細とソースコード

 同ゲームは、バンダイナムコエンターテインメントとアカツキによる共同開発。

 11月15日以降、ゲームで提供している「ガチャ」で、出現するキャラクターの種類についての表示が、ユーザーによって異なっていることが発覚。「運営側がガチャの出現確率をユーザーごとに操作しているのでは」との疑惑が広がり、騒動になっていた。

 運営側は16日未明、「表示上の不具合があった」と説明して謝罪。「実際の出現キャラや割合は全ユーザー同一に提供し、設定通りに出現していた」と釈明した。

 さらに16日昼過ぎ、不具合があったプログラムの詳細と、その部分のソースコードも開示。「プログラム上で複数箇所に散らばっていたキャラクターデータ読み込み処理を共通化した際、想定していない挙動が発生した」などと説明している。

 「不具合の説明のためにソースコードを開示する」というこの姿勢に対して、ネット上では「斬新だ」「詫び石ならぬ詫びソースコードとは」と話題に。コードを読んだエンジニアからは「C++だ」「同じバグを出したことある」などの声も出ている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.