ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月20日 08時01分 公開

「Brave」ブラウザ、YouTuberへのビットコインでの投げ銭が可能に

JavaScriptの父が立ち上げた広告ブロックブラウザ「Brave」のビットコインによるクリエイター支援機能で、YouTuberにも寄付できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Brave Softwareは11月16日(現地時間)、Webブラウザ「Brave」をバージョン0.19.95にアップデートし、ビットコインでのWebサイト支援機能「Brave Payments」でYouTuber(YouTubeクリエイター)に“投げ銭”できるようにしたと発表した。

 Brave Softwareは、JavaScriptの父として知られ、Mozilla.orgの共同創業者であるブレンダン・アイク氏が2015年に立ち上げた。Braveブラウザは、広告をブロックするが、Brave Paymentsで広告以外の方法でWebパブリッシャーを支援することが特徴のWebブラウザだ。

 Brave Paymentsはビットコインの一種である「BAT(Basic Attention Token)」で、匿名かつ自動的にWebパブリッシャーに寄付できる機能。ユーザーとWebパブリッシャーの双方がBrave Paymentsの利用を承認すると使える。

 brave 1 Brave Paymentsの設定画面

 これまではWebパブリッシャーだけが対象だったが、新たにYouTuber個人が寄付先として登録できるようになった。サンプル画像を見ると、今後他のサービスのクリエイターも対象にしていく計画のようだ。

 brave 2 YouTuberとして登録する画面

 BraveブラウザではYouTubeの動画も広告表示なしで聴できる。新機能により、YouTuberを支援したい視聴者は広告表示以外の方法でYouTuberを支援できるようになる。YouTubeは4月、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしにしたので、弱小チャンネルオーナーにとっては特に朗報だろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.