ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月27日 13時41分 公開

「メルカリNOW」開始17分で休止 アクセス殺到で負荷上昇

メルカリが27日正午に始めた即時買い取りサービス「メルカリNOW」にアクセスが殺到。スタートからわずか17分で一時休止したが、午後3時ごろに復旧した。【更新】

[ITmedia]

 メルカリは11月27日、同日に始めた即時買い取りサービス「メルカリNOW」を、スタートからわずか17分で一時休止した。想定以上の利用があり、「負荷が上昇したため」という。サービスは午後3時ごろに再開した。

画像 「メルカリNOW」公式サイトより
画像
画像 「メルカリNOW」の画面

 メルカリNOWは、手持ちの不要品をスマートフォンで撮影するだけですぐに査定・買い取りしてもらえるサービス。フリマアプリ「メルカリ」内のタブから利用できる。

 27日午前にサービスが発表されると、Twitterで「メルカリNOW」がトレンドに入るなど話題に。同日正午にサービスをスタートしたところ想定以上のアクセスがあり、負荷が上昇したため、サービス開始17分後の午後0時17分からタブを非表示にしたが、午後3時ごろにタブを復活させ、サービスを再開した。

 今年6月には、同様なアプリ「CASH」を、ベンチャー企業のバンクがリリース。初日に3億6000万円分と想定以上の利用があり、翌日にサービスを休止した。8月にサービスを再開。バンクはその後、DMM.comに買収された。

【更新:2017年11月27日午後3時15分:サービス再開について追記しました】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.