ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年11月27日 16時22分 公開

ソフトバンク、IoTやロボット活用の“スマートビル”開発へ 日建設計と業務提携

ソフトバンクと日建設計は、IoTセンサーやロボットなどを活用した次世代スマートビルディングの設計開発に乗り出した。

[太田智美,ITmedia]

 ソフトバンクと日建設計は11月27日、IoT(Internet of Things)センサーやロボットなどを活用した次世代スマートビルディングの設計開発などを目的に業務提携したと発表した。順次、共同で実証実験を開始するという。


ソフトバンクと日建設計

 実証実験では、環境センサーや人感センサーなどのIoTセンサーを使い、両社が持つ人流・群流データを解析するほか、消費電力量の削減や設備管理、清掃、警備などを最適化するソリューションを検討・開発する。

 また、ロボットの導入も見据え、ビルの設計や周辺環境を含めたスマートシティー作りにも貢献する考えだ。

 共同実証実験で得られた知見を基に、ビルオーナーやビルユーザーに新しい価値を提供したいとしている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.