ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月28日 13時50分 公開

アドビ、鳥獣戯画からインスパイアされた新フォント「貂明朝」発表 Typekitに追加

アドビシステムズはAdobe Typekitにアドビオリジナルの和文書体「貂明朝」(てんみんちょう)を追加した。

[太田智美,ITmedia]

 アドビシステムズは11月28日、Adobe Typekitにアドビオリジナルの新しい和文書体「貂明朝」(てんみんちょう)を追加した。Creative Cloud の有料ユーザーは、追加料金なしで利用できる。


貂明朝 Adobe MAX Japanキーノートの様子

 貂明朝は、手書きの特徴と明朝体を融合したフォント。暗い背景でも可読性を失うことなく使えるという。

 コンセプトは「かわいくも妖しい明朝体」。江戸時代の瓦版印刷に見える運筆の特徴も取り入れ、それに丸みを加えた。鳥獣戯画などに描かれた愛らしい小動物の姿にもインスパイアされたという。


貂明朝 貂明朝

 SVGグリフの中には、イタチ科の哺乳動物「貂」(てん)の姿をしたグリフも隠されているとのこと。貂明朝には、最新の常用漢字・人名用漢字を含む約6500文字、イタリック体を含むフルセットの欧文グリフ約2100文字、かな・シンボル・役物など約500文字が含まれている。

太田智美


貂明朝
貂明朝

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.