ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月28日 16時05分 公開

Android版Officeアプリ、Chromebookで利用可能に

MicrosoftがリリースしたAndroid版Office(Word、Excel、PowerPoint)アプリが、ようやくChromebookのGoogle Playストアからダウンロード、インストールできるようになった。10.1インチ以下のChromebookであれば、Office 365に加入しなくても無料で使える。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの「Chrome OS」搭載の一部のChromebookで、Androidアプリ版の米MicrosoftのOfficeアプリがダウンロード、インストールできるようになった。Chrome専門メディアCHROME UNBOXEDが11月22日(現地時間)に報じた。本稿筆者のChromebook(ASUSの「C101PA」)でも確認できた。

 chromebook 1 Chromebookで開いたGoogle Play StoreにOfficeアプリが

 Googleは2016年の「Google I/O 2016」で、ChromebookでAndroidアプリおよびGoogle Playストアを利用できるようにすると発表し、2017年1月にAndroidアプリ利用をローリングアウトした。

 Google Playストアは開いたものの、Android版Office(Word、Excel、PowerPoint)はこれまで登場していなかった。

 ChromebookではChromeウェブストア版のWord、Excel、PowerPointもあるが、Android版の方が機能が充実している。

 Android版Officeは、「Office Mobile apps on Windows 10」と同様に、画面サイズが10.1インチ以下の端末ではMicrosoftアカウントでログインすることで無料で編集や保存が可能だが、10.1より大きいサイズのタブレットやPCで編集・保存するには、別途「Office 365」に加入する必要がある。

 例えばASUSのC101PAは10.1インチなので、Office 365に加入していないユーザーでも無料ですべての機能を使える。

 chromebook 2 C101PAでWordを使う

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.