ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年11月28日 18時50分 公開

アドビの人工知能「Adobe Sensei」、API公開へ

アドビシステムズは、同社の人工知能「Adobe Sensei」のAPI公開に向けて準備を進めているようだ。キーマンへの単独インタビューで明らかになった。

[太田智美,ITmedia]

 アドビシステムズ(以下、アドビ)が開発する人工知能「Adobe Sensei」のAPIが、サードパーティー向けに公開されるようだ。同社でCreative CloudとDocument Cloudのビジネスを指揮するシニアバイスプレジデントのブライアン・ラムキン(Bryan Lamkin)さんが、ITmedia NEWSの単独インタビューで明らかにした。時期は未定だが「そう遠くない未来」(ラムキンさん)とのこと。


「Adobe Sensei」API公開

 Adobe Senseiでは、音声認識による自動処理、ドキュメントの自動タグ付け、レコメンデーションなどさまざまな処理が可能だが、具体的な公開内容は明示していない。

 同社によれば、API公開に向けての戦略は既に練られている状態で、現在はAPI公開に向けた社内アプリケーションの技術的体制を整えている状態という。準備が整い次第、サードパーティーへの公開を進めていくとの考えだ。

 APIを公開して同社が期待するものは、「クリエイティビティ」「ドキュメント」「デジタルマーケティング・エクスペリエンス」といった3つのAIカテゴリーにおける他社との差別化。アドビの専門分野にフォーカスを絞ってソリューションを展開し、サードパーティーを巻き込んだエコシステムの構築が必要だと考えているようだ。

 「Adobe SenseiのAPIを公開し、他社がそれと連携してソリューションを構築できるよう目指している」(ラムキンさん)

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.