ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月02日 10時03分 公開

iPhoneが再起動を繰り返す不具合 12月2日に発生

iPhoneやiPadが再起動を繰り返す不具合が、12月2日未明から多数報告されている。特定のアプリの通知を切るなどすると解消するという報告も。Appleが修正版の配信をスタートした。【更新】

[ITmedia]

Appleは日本時間2日夕、不具合を修正した「iOS 11.2」の配信を開始した。詳細→「iOS 11.2」リリース、高速無線充電対応など iPhoneの連続再起動の不具合も修正

 iPhoneやiPadが再起動を繰り返す不具合が、12月2日未明から多数報告されている。特定のアプリの通知を切ったり、端末の設定から日付を12月1日以前に変更すると解消するとの報告もある。iOS 11.1以降のバグが原因のようだ。

画像 記者の端末(iPhone 6s/iOS 11.1.1)でもこの不具合は発生

 不具合は、iPhoneやiPadが数十秒ほどで再起動を繰り返すというもの。iOS 11.1以降の端末で、12月2日午前0時以降に発生しているようだ。iOSのデフォルトの時計アプリで、下のメニュー以外が真っ黒になって表示されない不具合も起きており、「iOS 11の時計機能に関連するバグでは」とみられていた。


画像 再起動中のiPhone 6sの画面キャプチャ
画像 時計アプリにも不具合

 一部のアプリの通知を切ると解消するとの報告もあり、「欅のキセキ」「乃木坂46リズムフェスティバル」「Zaim」「au WALLET」「au Wi-Fiセキュリティ」「ウイルスバスターモバイル」「マンガBANG」などのアプリの通知を切って解消したというユーザーも。また、端末の設定の「日付と時刻」から、日付を12月1日以前に戻すと解消するという報告もある。

 影響している可能性があるアプリや対策をまとめているブログ(「スマホ評価・不具合ニュース」の該当記事)もあるほか、Twitterでも多数のユーザーが、症状や対策を報告しあっている。

【追記】アプリの「繰り返し設定のあるローカル通知」で発生 Zaimが報告

 問題の影響を受けた家計簿アプリ「Zaim」運営元のZaimは2日11時ごろ、問題を特定したことをTwitterで告知。「『繰り返し設定のあるローカル通知』を組み込んでいるアプリをiOS 11.1以降の端末にインストールしていると、同現象が発生するようだ」と知らせた。Appleにはバグレポートを提出したという。

 問題を回避する「Zaim」新バージョンをAppleの審査に提出済み。「特急申請が認められれば1〜2日後にはApp Storeに反映される予定」という。

 また同社は開発者向けに、現象を再現できるアプリをGitHubで公開した。

【更新:2017年12月2日午前11時20分:Zaimの発表を基に、原因やZaimの対策などについて追記しました】

【更新:2017年12月2日午後7時40分:Appleによる修正版配信について追記しました】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.