ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月04日 08時47分 公開

ビデオリサーチ、「『ホンネテレビ』視聴者207万人」リリース取り下げ トップページで謝罪

ビデオリサーチは、元SMAPの3人が出演したAbemaTV「ホンネテレビ」の視聴者数が207万人だったと推計したニュースリリースを取り下げた。「AbemaTVの視聴人数を適切に表現する上で不十分と判断した」という。

[ITmedia]

 ビデオリサーチはこのほど、元SMAPの3人が出演したAbemaTVの番組「72時間ホンネテレビ」の視聴者数が207万人だったと推計した調査結果のニュースリリースを取り下げ、同社サイトのトップページで謝罪した。「AbemaTVの視聴人数を適切に表現する上で不十分と判断した」という。

 このリリースをめぐっては、発表翌日の11月29日、AbemaTV・サイバーエージェント社長の藤田晋氏がマイクロブログサービス「755」に「昨日のビデオリサーチの記事酷かったな。元記事は削除してもらった筈だけど」と投稿しており、AbemaTV側からのクレームを受けて削除されたようだ。

画像 ビデオリサーチはトップページで謝罪
画像 藤田社長の「755」の書き込み
画像 取り下げられたニュースリリースより

 72時間ホンネテレビは、元SMAPメンバーの草なぎ剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの3人が出演した72時間生番組で、11月2日〜5日にAbemaTVで配信。AbemaTVは番組の「視聴数」(一度でもアクセスした人の数。1人が複数回アクセスした場合は加算)を「7400万」と発表したが、視聴者数は明らかにしていない。

 ビデオリサーチは、関東1都6県のネットユーザー5000サンプルを対象にした同社のリサーチパネル「VR CUBIC」をベースに、同番組の視聴数を推計した調査結果を、11月28日、「『ホンネテレビ』の『ホント』の影響力って? 『VR CUBIC』ログデータで紐解く『AbemaTV』」と題したニュースリリースとして公開していた。

 リリースでは、「調査エリアや測定範囲の制限などがあるため、分析には少なからず荒っぽさを含んでいる」と前置きした上で、ホンネテレビ配信中にアプリやWebブラウザでAbemaTVに接触した割合(AbemaTVのアプリまたはサイトを開いた人の割合/アプリ起動率はAndroidのみ)は2.4%と推計し、これを日本の人口(15〜69歳)に当てはめて「約207万人が視聴した」と推定していた。

 同社は11月30日、このリリースを取り下げたと同社サイトトップページで発表。「AbemaTVの視聴人数を適切に表現する上で不十分と判断した」とし、「関係者の皆様にはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.