ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年12月04日 12時06分 公開

ナムコ、ネット上で遊ぶクレーンゲーム参入 18年春から提供

タイトーやセガに続き、ナムコもネット上で遊べるクレーンゲーム事業に参入。2018年春に「ナムコネットクレーンモール『とるモ』の提供を始める。

[ITmedia]

 ナムコは12月4日、インターネット上でプレイでき、リアルな景品を獲得できる「ナムコネットクレーンモール『とるモ』」を2018年春から提供すると発表した。PC、スマートフォン、タブレットで、クレーンゲームの実機を遠隔操作して遊べる。景品はユーザーの自宅まで配送する。

photo PAC-MAN™ &(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 バンダイナムコグループが保有するキャラクターのオリジナル景品などを用意する。「オンラインモールを巡って好みの商品を見つけるような、新たな景品の発見によるワクワク感を提供する」(ナムコ)としている。Webサイトで12月4日から会員の事前登録を受け付け、25日から参加者を限定したβテストを行う。

photo 事前登録者に抽選で「星のカービィ」オリジナルぬいぐるみをプレゼントする

 日本アミューズメント産業協会によれば、景品ゲームの市場規模は年間約2000億円超(16年度)だが、各社が時間・場所の制約を受けないバーチャル店舗の運営に取り組み、新たなニーズに応える動きが加速。ネット経由のクレーンゲームは、すでにタイトーセガ エンタテインメントが参入を表明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.