ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年12月05日 17時55分 公開

世界初の印刷方式有機ELパネル、JOLEDが出荷開始 大型パネルはパートナーと

JOLEDが世界初となるRGB印刷方式による21.6型の4K有機ELパネルの出荷を開始した。大画面テレビ向け大型パネルについては自社で製造せず、パートナーに技術供与する方針。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 JOLED(ジェイオーレッド)は12月5日、世界初となるRGB印刷方式による21.6型の4K有機ELパネルの出荷を開始した。ソニーの医療用モニターに採用されるほか、複数の製品分野でセットメーカーと商談を進めているという。一方、大画面テレビ向け大型パネルについては自社で製造せず、パートナーに技術供与する方針を明らかにした。

JOLEDの有機ELパネルを採用したメディカルモニターの試作機。21.6型で4K(3840×2160ピクセル)の高精細モニターだ。コントラスト比は100万:1
JOLED(ジェイオーレッド)代表取締役CTO&CQOの田窪米治氏

 JOLEDは、2015年1月にパナソニックとソニーの有機EL開発部門を統合して設立されたパネルメーカー。RGB印刷方式はパナソニックが10年以上にわたり開発していた製造技術で、インクジェットプリンターが紙にインクを吹き付けるように基板(マザーガラス)に有機材料を塗布して発光層を形成する。従来の蒸着方式のようなメタルマスクを必要とせず、基板サイズに制約がないのが特徴。有機ELパネルの高精細化や低コスト化、大型化も期待されている。

ソニーとパナソニックの技術を継承

 JOLED代表取締役CTO&CQOの田窪米治氏は、「広い範囲に均一に塗布するためには、ヘッドや有機材料、塗布する面などの複雑な要素が絡み合い、しかもそれを制御しなければならない。その技術を1社で持っていることが、われわれの強み」という。同社は16年9月にジャパンディスプレイの製造ラインを借り受ける形でパイロットラインを稼働し、今年4月には今回と同じ21.6型4Kパネルのサンプル出荷を始めていた。

印刷方式に必要な4つの技術要素をすべて保有しているのがJOLEDの強み

 同社はまず、有機EL製品がほとんど存在しない中型パネル市場に注力し、モニターや車載、PCなど幅広い分野を開拓していく考えだ。一方で大画面テレビ向けの大型パネル製造に参入することは考えていない。「大型への展開もプロセス的(製造技術)にはマッチしているが、この領域は大型マザーガラスのラインを持っているパートナーに技術供与しながら拡大する」という。「まずは中型パネルのマーケットを作り、OLEDの市場拡大に貢献したい。今回の出荷は規模は小さいが、非常に重要な一歩だ」(田窪氏)

[訂正:2017年12月6日 初出時、人名を誤って記載しておりましたので訂正しました]



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.