ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年12月11日 08時16分 公開

Tesla、AIプロセッサを自社開発中──イーロン・マスクCEO

Teslaのイーロン・マスクCEOが人工知能関連カンファレンスのパーティーで、AIプロセッサを自社開発中であることを明らかにした。同社は現在、AI技術でNVIDIAと提携している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Teslaのイーロン・マスクCEOは12月7日(現地時間)、米カリフォルニア州ロングビーチで開催の人工知能関連カンファレンス「NIPS 2017」で開催したパーティーで、自動運転向けAIプロセッサを自社開発していると語った──。米The Registerが8日、このパーティーの参加者からの報告に基づいてそう報じた。

 マスク氏は「TeslaがAIについて、ソフトウェアとハードウェアの両面で真剣に取り組んでいることをはっきりさせておきたい。われわれは専用AIチップを開発している。ジム(ハードウェア担当副社長のジム・ケラー氏)が開発中のAIハードウェアは世界一になるだろう」と語ったという。ケラー氏は米AMDで「Zen」アーキテクチャを手掛け、2016年にTesla入りしたエンジニアだ。

 Teslaは現在、Model Sなどのモデルで米NVIDIAのGPUおよびAI技術「NVIDIA DRIVE PX」を採用している。

 tesla

 マスク氏はまた、10年後には新車の約半分は自動運転車になり、AGI(汎用人工知能)は7〜8年以内に実現するとも語った。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.