ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月13日 17時45分 公開

大規模な交通データを量子コンピュータで処理 デンソーと豊田通商、タイで12月に実証実験

デンソーと豊田通商が、量子コンピュータで大規模な交通データをリアルタイムで処理する実証実験を12月中にタイで行うと発表した。

[ITmedia]

 デンソーと豊田通商は12月13日、車両位置や走行データといった大規模な交通データを量子コンピュータでリアルタイム処理する実証実験を12月中にタイで行うと発表した。渋滞解消や緊急車両の優先経路生成など、新たなコネクテッドサービスの実現へつなげる狙い。

photo 実証実験のイメージ

 実験では、タイ国内の約13万台のタクシーやトラックに取り付けた車載器から車両位置や走行データを収集。クラウドでカナダのD-Wave Systemsの量子コンピュータと接続し、リアルタイムで処理する。

 実証実験で用いる解析処理技術は、豊田通商のグループ会社であるTOYOTA TSUSHO NEXTY ELECTRONICS(THAILAND)が2012年から提供している渋滞情報配信サービス「TSQUAREアプリ」のプラットフォームへ組み込む。解析処理のアルゴリズムの実装はデンソーが、アプリケーションの実装は豊田通商が担当する。実運用されている交通系IoTプラットフォームにおいて量子コンピュータを活用する取り組みは世界初という。

photo 「TSQUAREアプリ」(Google playのページより)

 両社は「実証実験を通じて新たなモビリティ社会に必要な量子コンピュータの活用に取り組む」とし、渋滞解消や緊急車両の優先的な経路生成などのサービス実現を目指す。実証実験のイメージは、2018年1月9日〜1月12日に開催される「国際家電見本市CES2018」(アメリカ、ラスベガス)でデンソーが展示予定という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.