ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月14日 18時29分 公開

niconico、アンケートで要望募る Twitterに「窓口」も開設

ドワンゴがniconicoへの要望を募るアンケートフォームを開設。トップページに1週間、フォームへ誘導するバナーを掲載する。

[ITmedia]

 ドワンゴは12月14日、動画サービス「niconico」のトップページに「動画・生放送サービスに関するご意見について」と題するバナーの掲載を始めた。12日に生放送した「意見交換会」を踏まえ、ユーザーの感想や要望を募るアンケートフォームを開設。約1週間、バナーから誘導する。

photo トップページ右側にバナーの掲載を始めた

 アンケートフォームは「番組内で受け止めきれなかった意見をお伺いするために開設した」(同社)。ユーザーの意見に全て目を通し、まとめたものを2017年内に発表するとしている。

 また、ユーザーと対話するためにTwitterアカウント「ニコニコ窓口担当」(@nico_nico_talk)を12日に開設した。これまで同社取締役の栗田穣崇さんが、Twitter上でユーザーから寄せられる意見に返信(リプライ)していたが、今後は新しいアカウントで要望を受け付ける。

 niconicoの新バージョン「く」の内容を巡り、ユーザーから批判が殺到したことを受け、ドワンゴは12日にユーザーとの意見交換を目的にした番組を生放送。開発当初「く」が目指していた「画質、重さの完全解決」が予定通りできなかったことなどを、栗田氏が謝罪した。生放送番組の総アクセス数は10万以上で、40万以上のコメントが寄せられた。

photo 40万以上のコメントが寄せられたという(「ニコニコ窓口担当」のTwitterアカウントより)

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.