ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年12月18日 11時50分 公開

「NOKIZAL」決算ピックアップ:Cygamesは黒字133億円、AbemaTVは赤字191億円 サイバーエージェント子会社決算まとめ

日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。

[NOKIZAL,ITmedia]

 サイバーエージェントが12月18日、官報に掲載したグループ子会社の決算公告によれば、最も黒字だったのはスマートフォンゲームを開発・運営するCygamesで当期純利益133億円だった。最も赤字だったのはインターネットテレビ局を運営するAbemaTVで、当期純損失は191億円だった。

photophoto

 Cygamesは2011年設立。「グランブルーファンタジー」「Shadowverse」といった独自タイトルを開発する他、「アイドルマスター シンデレラガールズ」「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」など他社ともスマホゲームを共同開発している。

 決算公告(17年9月30日現在)によれば、当期純利益は133億6000万円(前年同期は133億600万円)、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は428億6700万円(同295億600万円)だった。17年は6月にアニメファンドを組成し、7月にはイタリアのプロサッカーリーグ、セリエAに所属するチーム「ユヴェントス」とスポンサー契約も締結している

 一方、AbemaTVは15年設立。16年4月に開局したインターネットテレビ「AbemaTV」を企画・運営している。代表はサイバーエージェントの藤田晋社長で、出資比率はサイバーエージェントが60%、テレビ朝日が40%。17年5月に配信した番組「亀田興毅に勝ったら1000万円」は視聴数が延べ1420万回を記録。11月に配信した「72時間ホンネテレビ」は、元SMAPメンバーの出演も話題を呼び、視聴数は延べ7400万回を記録するなど、人気を集めた。

photo

 決算公告(17年9月30日現在)によれば、当期純損失は191億2500万円の赤字(前年同期は91億8200万円の赤字)、利益剰余金は283億8000万円の赤字(同92億5400万円の赤字)だった。サイバーエージェントは、18年度もAbemaTVに投資を行う方針を打ち出しておりラジオチャンネル開局や通販番組の放送といった周辺事業にも進出。大みそかに1000万円企画の第2弾「朝青龍を押し出したら1000万円」の生放送を予定しているなど、積極的な動きが目立つ。

ここがポイント

 17年度の決算発表でも、本業の好調さとAbemaTVへの巨額投資継続を打ち出していたサイバーエージェント。今回のグループ子会社の決算公告でも、それらを裏打ちするような業績が並んでいますので、ランキング形式で整理してみます。

photo

 まず黒字ランキングですが、メディア事業系の利益も決して小さくないものの、やはりCygamesをはじめ、サイバーエージェントのゲーム事業で主力とされる7タイトルを運営している企業が上位に顔をそろえます。

 中でも7タイトル中4タイトルを運営するCygamesが圧倒的です。これらの7タイトルを運営している企業の純利益を単純合計すると187億円。ヒットタイトルが複数ともなるとものすごい利益額です。

 また、占いサービスを運営するシーエー・モバイルとその子会社ティファレト、恋活アプリ「タップル誕生」のマッチングエージェントも好調のようです。

photo

 次に赤字ランキングですが、こちらは「AbemaTV」が圧倒的。さすがは200億円を積極的に投資しているだけはあります。

 とはいえ、黒字と赤字の両ランキングを並べてみると、確かにAbemaTVの純損失191億円はすごい金額ではあるものの、前述したスマホゲーム運営企業の純利益合計187億円と大体同じ。屋台骨のメディア事業や広告事業の利益を食いつぶしてばくちに出ているというよりは、ゲームの莫大な利益をAbemaTVに投入しているという流れが見えます。

photo

 最近のスマホゲームは、成功した場合のリターンはすごいですが、失敗した場合のリスクも相当高く、ハイリスクハイリターンの市場です。今回のサイバーエージェント子会社でも、赤字4位のpixelfishは4月に提供を始めた「Black Rose Suspects」を9月に早くも終了を発表し、9億円の純損失を計上しています。

 これらを踏まえると、調子がよいうちにその利益を元手に次のプラットフォームの市場を狙うというのは、ネット総合企業であるサイバーエージェントであれば、既存事業とのシナジーも大きく、理にかなった戦略ともいえます。

 最後に注目したいのは、14年末から15年年始にかけて大量のテレビCM投下で話題になったものの、その後は苦戦が報じられたスマホトークアプリ「755」を運営する7gogoが赤字6位にランクインしていることです。14年末というとLINEが売上倍増を発表し、トークアプリが新たなプラットフォームとして注目された時期です。あれから3年、動画が新たな主戦場となりつつあるネット業界の流れの速さを感じるとともに、今回は大きく先行することに成功したAbemaTVがこのまま、業界の長年の課題である“通信と放送の融合”の正解にたどり着けるのか、注目です。

Cygamesなどの過去業績、他の企業情報は「NOKIZAL」で確認できます

photo

《サービス紹介》

NOKIZAL」は就活生から社会人まで、無料・登録不要で使える日本最大級の企業情報活用アプリです。4万社以上の業績情報に加え、メールやカレンダー、各企業や関連情報サービスへの外部連携も充実しており、企業情報収集をサポートします。帝国データバンクが保有する100万社以上の企業調査情報も追加利用可能です。

《著者紹介》

平野健児。新卒でWeb広告営業を経験後、Webを中心とした新規事業の立ち上げ請負業務で独立。WebサイトM&Aの「SiteStock」や無料家計簿アプリ「ReceReco」他、多数の新規事業の立ち上げ、運営に携わる。現在は株式会社Plainworksを創業し「NOKIZAL」を運営中。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.