ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年12月19日 09時25分 公開

楽天とビックカメラが新会社 「楽天ビック」提供へ 通販・店舗連携

楽天とビックカメラが新会社設立。楽天市場内に新通販サイト「楽天ビック」をオープンし、Amazon.co.jpやヨドバシに対抗する。

[ITmedia]

 楽天とビックカメラは12月19日、家電のネット通販とビックカメラ店舗を連携させた新サービスを始めると発表した。両社で新会社を設立し、2018年4月からサービス提供する計画。家電のネット通販で圧倒的な存在感を示すAmazon.co.jpや、店舗と通販の融合を進めるヨドバシカメラに対抗する。

画像 既存の「ビックカメラ楽天市場店」

 ビックカメラは単独で通販サイト「ビックカメラ.com」を運営しているほか、「ビックカメラ楽天市場店」を楽天市場に出店済み。

 新たに、ビックカメラ楽天市場店の基盤を引き継いだ新サイト「楽天ビック」を楽天市場内に開設し、ビックカメラの商品を販売するほか、両社で連携した独自商品の開発・販売も検討する。

 ビックカメラ実店舗で「楽天スーパーポイント」が貯まる・使えるようにする。ネット通販と店舗の連動も強化。楽天ビックのサイト上でビックカメラ実店舗の商品在庫を確認したり、楽天ビックで購入した商品をビックカメラの実店舗で受け取れるサービスの提供も目指す。

 ビックカメラの物流拠点を活用した当日配送なども提供するほか、物流面でも協業し、物流・配送の効率化を推進。設置工事の依頼は、ネット上でスムーズに行えるようにするという。

 両社は今後、「楽天ビック」の運営を超えた幅広い協業についても引き続き協議するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.