ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年12月20日 16時21分 公開

ANA、国内線の機内Wi-Fiを無料化 18年4月から

全日本空輸は国内線の機内Wi-Fiを無料にすることを発表した。

[太田智美,ITmedia]

 全日本空輸(ANA)は12月20日、これまで有料だった国内線の機内Wi-Fiサービスを2018年4月から無料提供すると発表した。対象機種は、B777、B787、B767、B737-800、A321型機の全てのクラス。


ANA「Wi-Fi」無料

 機内Wi-Fiは、通信衛星を利用し、Panasonic Avionicsの航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」を介して提供。対象機体には、機内入口に「ANA Wi-Fi Service」のロゴが付くという。

 これに伴い、対応する機内Wi-Fiエンタテイメントも18年4月1日から増加。ドラマやバラエティ、アニメなどのビデオやオーディオコンテンツが100コンテンツ以上になる他、「ANA SKY LIVE TV」ではニュースやスポーツなどのコンテンツをライブで配信、「e-books」では雑誌や漫画を配信する。


ANA「Wi-Fi」無料

 19年度下期以降は、国内線のB777、B787型機でシートモニターとUSB充電ポート、PC用電源を展開予定。USB充電ポートは、B767、B737型機にも順次導入予定という。


ANA「Wi-Fi」無料

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.