ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2017年12月25日 15時00分 公開

「スマスピ」おしゃべり広場:「OK、Google」は恥ずかしいのか (1/2)

話題のスマートスピーカーは「音声入力は恥ずかしい」という壁を越えることができるのか。

[村上万純,ITmedia]

 今年は「Google Home」「Amazon Echo」などスマートスピーカーが日本で発売され、音声入力がより身近になった年だった。2016年に米国で発表された未来のネット予測レポート「INTERNET TRENDS 2016」では、20年には音声によるWeb検索が50%を占めるようになると予想されていた。

スマスピ スマートスピーカー

 しかし、いまだに「音声入力は恥ずかしい」という声も根強い。KDDIが17年10月に発表した調査結果は、「日本人の7割が人前で音声検索するのは恥ずかしいと感じている」というものだった。確かに街中など公共の場で音声入力するのは少し気後れするが、家の中で使うスマートスピーカーはどうだろうか。意外と多いのが“起動ワード”(ウェイクワード)に関する声だ。

音声 KDDIの調査。「音声入力は恥ずかしい」という声

「OK、Google」なんて言わない

 iPhoneの「Siri」を筆頭に、Googleアシスタント、Amazon Alexa、Clovaなどの音声アシスタントには、それを起動させるためのワードがある。

 Siriは「Hey、Siri」で、Googleアシスタントは「OK、Google」、Clovaはそのまま「Clova」と呼ぶと音声操作を受け付ける状態になる。ちなみに、Amazon Alexaは「アレクサ」「エコー」「アマゾン」「コンピュータ」の4種から選べ、コンピュータと設定すると、「スター・トレック」っぽくなるというライフハックもある。

アマゾン 真ん中が「Amazon Echo」

 音声アシスタントを使わない理由を聞いてみると、「突然Hey、Siriなんて言うのはおかしい」「OK、Googleという言葉が恥ずかしい」など、ウェイクワード自体が日本人になじんでいないという指摘は少なくない。「ねぇ、Google」といった話し言葉に近いものもあるが、「モノに話しかけている感」が残る。「もしもし」「すみません」などより日常会話に近い導入の方がいいという声も上がっていた。

アマゾン 「Amazon Echo」でウェイクワードを変更

 スマートフォンと違い、スマートスピーカーは基本的に持ち歩かずに自宅で使うもの。グーグルの徳生裕人さんは「日本人は文化的に話しにくいというのもあるかもしれない。電車の中より、自宅という環境下ならはるかに話し掛けやすく、今後の普及につながるのでは」と期待を寄せていたが、スマートスピーカーが“音声入力の壁”を越える1つのきっかけになるかもしれない。

音声入力に抵抗ない世代

 音声入力への抵抗が低い世代もある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.