ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年01月10日 09時18分 公開

CES 2018:「Alexa」搭載カーチャージャー、Ankerが50ドルで発売へ

AmazonのAIアシスタント「Alexa」をBMWやトヨタの新車を買わなくても車で使えるカーチャージャー「ROAV VIVA」をAnkerが発表した。2月に米国で49.99ドルで発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 モバイルバッテリーで知られるAnker Innovationsは1月8日(現地時間)、米Amazon.comのAI音声アシスタント「Alexa」搭載のBluetoothカーチャージャー「ROAV VIVA」を発表した。米国で2月1日に発売の見込み。価格はAmazon.comで49.99ドル(約5600円)。

 viva 1 ROAV VIVA

 CES 2018ではFord、Volkswagen、トヨタが新車へのAlexa搭載を発表したが、このカーチャージャーを購入すれば既存の車でAlexaを使えることになる(要Bluetooth 4.0 A2DPサポート)。

 viva 2 シガーソケットに接続してAlexa端末として使う

 Ankerの独自充電技術「PowerIQ」搭載の2つの充電ポートを備えるカーチャージャーだが、シガーソケットに接続して専用アプリで設定することで、「Amazon Echo」などと同様にAlexaを使えるようになる。

 音声分離・ノイズキャンセル技術により、音声命令の聞き取り品質は高いという。音楽(Pandoraの他、Spotifyもサポート予定)やオーディオブックの再生中にVIVAの天面をタップすることで停止できる。

 anker 3

 サイズは約5×4×7センチ、重さは約250グラム。Amazonの「Echo Dot」の4分の1サイズだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.