ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月10日 14時50分 公開

トヨタもAlexa採用 北米の一部モデルで

トヨタが北米向けの一部車種でAlexaを採用。車内でAlexaと対話でき、ニュースや音楽を聴いたり、自宅のエアコンを操作するといったことが可能になる。

[ITmedia]

 トヨタ自動車の米国法人は1月9日、北米向けの一部車種で、Amazon.comのAIアシスタント「Alexa」を2018年中に採用すると発表した。車内でAlexaと対話でき、ニュースや音楽を聴いたり、買い物リストを更新したり、自宅のエアコンを操作するといったことが可能になる。日本でのAlexa対応は「現時点では考えていない」(トヨタ自動車広報部)という。

画像 ニュースリリースより

 北米のCamry、Sienna向け車内マルチメディアシステム「Entune 3.0 App Suite」と、Lexus向け「Lexus Enform App Suite 2.0」をそれぞれアップデートし、Alexaに対応させる。19年には、ほかの車種に対応を広げる。

 自動車メーカーでは、独BMW Groupや日産自動車の米法人もAlexaへの対応を発表しているほか、「CES 2018」ではトヨタのほかFord、Volkswagenも新車へのAlexa搭載を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.