ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月12日 14時16分 公開

ソニーの「aibo」 顔が「金色」の限定アイボ、こっそりお披露目

ソニー本社で開催されたaibo発売イベントに、実は顔が「金色」の限定モデルが登場していた。

[太田智美,ITmedia]

 1月11日、ソニー本社でaibo(アイボ)の発売イベントが開催された。会場にはaiboを先行予約購入したオーナーが参加。その中からオーナーを代表する5組がソニーの川西泉執行役員から直接aiboを手渡されたのだが、実は、その中に1体だけ顔が「金色」の限定モデルがあった。



金色アイボ 顔が金色のモデル。通常モデルのaiboが手渡されていく中、金色aiboの突然の登場に思わずひとり身を乗り出してシャッターを切った

 この金色aiboを受け取ったのは、タマチさん夫婦

男性 初めてのaiboで、今年銀婚式なので記念にと思いました。

女性 私がすごくほしいと言っていたので、とてもうれしいです。


金色アイボ うれしそうなタマチさん夫婦。目立ってしまうせいか、フォトセッションでは通常のモデルを手にしており、金色aiboがこっそりお披露目されていたのを気付かなかった人も多いようだ

金色アイボ タマチさん夫婦と、ソニーの川西泉執行役員。ソニーに確認してみたが、手渡されたaiboのシリアル番号や落札金額は公表できないとのことだった

 金色のaiboは、WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)の生物多様性保全活動への寄付を目的としてソニーが「ヤフオク!」に出品した特別仕様の機体。頭部を限定色の「Ivory White Gold Quartz Edition」としたチャリティー専用モデルで、シリアル番号「No.0000001」から「No.0000011」の11台が限定出品されていた。目標金額406万2960円に対し、結果は合計1000万円超えだった(関連記事)。

太田智美

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.