ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年01月17日 13時26分 公開

クルマの湾曲部分に使える樹脂ガラス、大日本印刷が開発 車体軽量化ニーズに対応

大日本印刷が、電気自動車(EV)のリヤウィンドウなど湾曲した部分に使える「曲面樹脂ガラス」を開発した。一般のガラスより割れにくく、重量は約半分という。

[ITmedia]

 大日本印刷(DNP)は1月17日、自動車の湾曲したリヤウィンドウなどに使える「曲面樹脂ガラス」を開発したと発表した。電気自動車(EV)普及に伴う車体の軽量化ニーズに対応するもので、一般のガラスの約半分の重量で割れにくく、同程度の透明性を持つという。

photo 曲面樹脂ガラス

 近年、EVが普及する中、自動車メーカー各社が車体軽量化に取り組み、ポリカーボネートなど、ガラスよりも軽く耐衝撃性や断熱性に優れるプラスチック製樹脂ガラスに注目が集まっている。しかしポリカーボネート製の樹脂ガラスは加工性に優れる一方、太陽光や風雨への耐候性、硬さ、傷つきにくさはガラスより劣っていた。

 DNPは2016年2月、こうした欠点をカバーするフィルムを表面に転写した樹脂ガラスを開発。17年1月にクルマのサンルーフ(天窓)などにも使える「曲面樹脂ガラス」を開発していた。今回その加工性を高めたことで、リアウィンドウのような大型部品にも対応したという。

 自動車やバス、鉄道車両などに向けて販売し、20年度に年間50億円の売上を目指す。

photo リアウィンドウへの活用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.