ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年01月19日 10時53分 公開

Apple、Web版App StoreをiOSに合わせたすっきりデザインに

iOSアプリをデスクトップのiTunesからダウンロード購入できなくなって数カ月。Webで見るApp Storeのデザインが変わり、「App Storeプレビュー」として表示されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AppleのiOSアプリストア「App Store」のWeb版のデザインが変わった。米9TO5Macが1月18日(現地時間)に報じた。iOS 11でリニューアルしたモバイル版と統一された。

 itunes 1 新しいWeb版App Store(Twitterのページ)
 itunes 2 以前のWeb版App Store(Twitterのページ)

 Appleは昨年9月、デスクトップ版「iTunes」アプリのアップデートで、デスクトップからのiOSアプリ購入・ダウンロード機能を削除した。

 iTunes Storeへのリンクがなくなり、アプリの概要説明のためのコーナーになっている。Appleの公式サイトでアプリ名を検索すると、「App Storeプレビュー」として表示される。

 ページの上部に「このAppは、iOSデバイス向けApp Storeでのみ利用可能です。」という説明が追加された。また、日本ではまだ対応していないアプリが多いが、iPhoneのスクリーンショットが「iPhone X」のものになっているページが多い。

 itunes 3 スクリーンショットがiPhone Xのものになった(Twitterのページ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.