ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年02月01日 10時55分 公開

任天堂とイルミネーション、アニメ映画「スーパーマリオ」制作を発表

イルミネーションと任天堂は「マリオ」を扱った映画の企画開発を始めたことを発表した。

[太田智美,ITmedia]

 米イルミネーション・エンターテインメントと任天堂は2月1日、キャラクター「マリオ」を扱った映画の企画開発を始めたと発表した。プロデューサーは、イルミネーション創業者で代表のクリス・メレダンドリ氏と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同で担当する。


マリオのアニメ

 イルミネーションは「ミニオンズ」などで知られる3Dアニメを中心とした米国の映画制作会社。

 映画には米Universal Picturesと任天堂が出資し、Universal Picturesから全世界で配給される。


マリオのアニメ

 任天堂は「このプロジェクトを通じて、ゲーム以外の形においても任天堂IP(知的財産)を積極的に活用する」とコメント。イルミネーションは、「スーパーマリオという世界で最も有名なキャラクターとストーリーをつなげたい」としている。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.