ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年02月05日 12時26分 公開

ウメハラ、ときど選手など21人 「ストリートファイター5」でプロライセンス発行

ウメハラ選手やときど選手など21人に、日本eスポーツ連合によるプロライセンスが発行された。

[ITmedia]

 カプコンはこのほど、格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」で、ウメハラ選手やときど選手など21人に、日本eスポーツ連合(JeSU)のプロライセンスが発行されたと発表した。JeSUが定めるプロゲーマーの基準に伴い、カプコンが選手を推薦したという。

スト5
スト5

 カプコンの小野義徳エグゼクティブプロデューサーは、ゲーム大会「CAPCOM Pro Tour 2017」で100位以内に入った日本人選手を推薦の基準にしたと発表。対象者22人のうち、21人に賛同をもらい、ライセンスを発行したという。プロライセンスは「プレイヤーの地位を守り、向上させるためのもの」としている。

プロ プロ選手
プロ

 ストリートファイターV アーケードエディションは、日本eスポーツ連合がプロライセンスを発行する対象タイトルの1つ。2月10日に開催されるゲームの祭典「闘会議2018」で、プロライセンス選手20人が参加する大会の決勝大会を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.