ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2018年02月05日 14時00分 公開

ネットの高校「N高」、学生ベンチャー育成する「N高起業部」設立

角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、学生ベンチャーを育成する「N高起業部」を設立すると発表した。

[太田智美,ITmedia]

 角川ドワンゴ学園の通信制高校「N高等学校」(以下、N高)は2月5日、学生ベンチャーを育成する「N高起業部」を設立すると発表した。


N高起業部

 同部は、N高・通学コースで行われているプロジェクト型学習「プロジェクト N」に取り組んできた学生のうち、2月5日に開催する特別審査会の審査を突破した生徒たちが起業を目指す部活動。専門家による支援(ヒト)と専用プログラム(モノ)、起業支援金(カネ)を三位一体で提供し、起業家教育を実現したい考えだ。部の活動費として、年間最大1000万円の起業支援金を用意する。

 外部からは、ベンチャー支援企業デロイト トーマツ ベンチャーサポートが協力。ビジネスモデルの構築や事業計画書の作成など、起業に向けた実践的なプログラムを行うとしている。

 部のロゴは、卵から1つの生命が生まれる瞬間をイメージ。卵に入ったヒビにははN高の「N」の文字が隠れている。


N高起業部 N高起業部のロゴ

 今後の活動として、2〜3月に全6回の講義(事業計画書立案、市場分析、競合分析など)、4〜7月に全2回の起業家によるアントレプレナーシップについての特別講演と、約50分の個別メンタリング、8月に投資家やベンチャーキャピタルへのプレゼンテーションイベントを予定している。


N高起業部

 「高校生が起業家を目指すことでイノベーティブな考え方を学び、日本や世界を支える人材を育成したい」(角川ドワンゴ学園)

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.