ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年02月08日 17時35分 公開

niconico、プレミアム会員の減少止まらず メリット拡充で歯止めかかるか

動画サービス「niconico」の有料会員(プレミアム会員)が12月末時点で214万人と、9月末と比べて14万人減少。「メリットが少ない」との意見を受け、会員特典を拡充へ。

[ITmedia]

 ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の有料会員(プレミアム会員)が12月末時点で214万人と、9月末と比べて14万人減少したことが2月8日に分かった。ドワンゴは「無料の一般会員と比べてメリットが少ない」との意見を踏まえ、4月末をめどに有料会員の特典を拡充。減少に歯止めをかけられるか、正念場を迎えている。

photo 12月末時点のプレミアム会員数は214万人=ドワンゴ親会社カドカワの決算資料より

 niconicoのID発行数は、3カ月間で6832万人から7032万人に伸びたが、プレミアム会員(月額540円、税込)は228万人から214万人に減少。MAU(月間アクティブユーザー)は910万人から897万人に、DAU(日間アクティブユーザー)も309万人から298万人に減少した。

 一方、企業や個人ユーザーが動画、生放送、記事などを配信できるプラットフォーム「ニコニコチャンネル」の有料登録者数は64万人から66万人に増加した。

 プレミアム会員料金はniconicoの主な収益源だが、16年3月末の256万人で頭打ちとなり減少が止まらない。ユーザーからは「無料の一般会員と比べてメリットが少ない」との意見があり、動画視聴履歴の件数を100件から200件に増加し、生放送中でも後から「追いかけ再生」できる機能を追加するなど特典を増やす計画だ。

photo 追加を予定している特典=1月25日のニコニコ生放送「動画と生放送サービスの改善報告会」より

 niconico自体の機能改善も進める。PC版ニコニコ動画では、1月に一般会員もフルHD画質(1080p)の動画投稿に対応。4月末までに「ログイン不要の動画視聴(PC・スマホブラウザ)」「一般会員の動画シーク」などの機能追加を予定している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.