ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年02月13日 07時49分 公開

「Android P」(仮)は“切り欠き”をサポート?

Googleの次期モバイルOS「Android P」(仮)について、「iPhone X」のような“切り欠き”をサポートする他、「Googleアシスタント」関連が強化されるとBloombergのマーク・ガーマン氏が予測した。

[ITmedia]

 米Googleの次期モバイルOS「Android P」(仮)は、米Appleの「iPhone X」の「センサーハウジング」のような“切り欠き”をサポートする──。Apple関連の情報で定評のある米Bloombergのマーク・ガーマン記者が2月12日(現地時間)、独自の情報筋の話として新OSについてそう報じた。

 p 1 iOSの「センサーハウジング」対応
 p 2 切り欠きのある「Essential Phone」

 今秋リリースとみられる次期Androidの主な目標は、情報筋によると、ソフトウェアのデザイン改善によってiPhoneユーザーのAndroidへのスイッチを促進することという。

 “切り欠き”のあるAndroid端末としては、今のところ米国で販売されているアンディ・ルービン氏のEssential Productsの「Essential Phone」や、日本ではシャープの「AQUOS R Compact」しかないが、中国Huaweiも切り欠きのある端末を開発中とうわさされている。

 Android Pではこの他、マルチ画面や折りたためる画面のサポート、バッテリー持続時間の改善、「Googleアシスタント」とGoogle検索の統合強化などが予定されているという。

 「Googleアシスタント」については、現在はホーム画面のGoogle検索バーとは別に、ホームボタンの長押しで呼び出すようになっているが、これが統合されるとみられる。また、サードパーティーアプリでGoogleアシスタントが使えるようになる見込みだ。

 次期Android OSについては、5月8日からマウンテンビューで開催の「Google I/O 2018」でまずコードネームのアルファベットとアウトラインが発表される見込み。Bloombergによると、次期AndroidはGoogle社内では「Pistachio Ice Cream」と呼ばれているが、これは変わる可能性があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.