ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年02月19日 07時27分 公開

Android版Googleアプリにスクリーンショット編集・共有機能追加へ

Android版Googleアプリでスクリーンショットを撮ると、画像を編集できるようになる。iOS 11の編集機能のようなテキスト入力はできないが、トリミングと手描き入力が可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのAndroid版Googleアプリのβ版が2月15日にバージョン7.21.19.21に更新され、アプリ内の画面のスクリーンショットを編集・共有できるようになった。

  shot 1 スクリーンショットを撮ると表示される編集・共有カード(赤丸は編集機能で追加したもの)

 Googleが提供するアプリのβ版に追加される機能は通常、同じバージョンの公式版にほぼすべて追加になるので、次期アップデートで公式版でも使えるようになる見込みだ。

 スクリーンショットを編集できるのは、Googleアプリ内(トップページ、検索結果、「Googleアプリでウェブページを開く」に設定している場合のWebページ)の画面。

 Googleアプリの[設定]→[アカウントとプライバシー]→[スクリーンショットの編集と共有]を有効にし(初期設定で有効になっている)、通常の操作(ほとんどの端末で電源ボタンと音量ダウンボタンの長押し)でスクリーンショットを撮ると、画面下部に編集・共有カードが表示される。これをタップすると編集画面になり、トリミングと手描き入力ができる。手描き入力ではインクの色を7種類から選べる。テキスト入力機能はない。

 shot 2 スクリーンショットの編集

 iOSではバージョン11になってからすべての画面でスクリーンショット撮影が可能になった。iOSではテキストや図形の追加も可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.