ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月20日 15時31分 公開

「NOKIZAL」決算ピックアップ:スタートトゥデイが20億円で買収、「IQON」運営のVASILY 傘下で出直しなるか

日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。

[NOKIZAL,ITmedia]

 ファッションメディア「IQON」を運営するVASILY(東京都品川区)が2月20日、官報に掲載した第9期決算公告(2017年8月31日現在)によれば、純損失は300万円の赤字、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は14億3100万円の赤字だった。

photo

 VASILYは08年設立。10年に公開したIQONは、利用者がファッションアイテムを自由に組み合わせてコーディネートを作成できるサービス。200以上のECサイトと連携し、月間利用者数は約200万人。

photo VASILYが運営するファッションメディア「IQON」=同社サイトより

 資金調達面では、11年に伊藤忠テクノロジーベンチャーズGMO VenturePartnersから1.4億円、13年に既存株主とグロービス・キャピタル・パートナーズから3億円、14年にKDDIから12億円と、累計17億円程度を調達していたが、17年10月に「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが全株式を取得、完全子会社化した。買収額は20億円。

ここがポイント

 今回の決算公告によれば、純損失は300万円程度。女優の木村文乃さんを起用したCMを展開するなどしていた、前々期の純損失8億2400万円と比較すると、ほぼ収支トントンレベルにまで赤字幅を圧縮しました。

photo

 しかし利益剰余金の累積赤字額は14億3100万円まで積み上がっており、累積調達額17億円(種類株含む)に対して買収額が20億円だったことを考えると、スタートトゥデイによる完全子会社化は“救済”の意味合いも強かったといえそうです。

 VASILYは、深層学習(ディープラーニング)による画像解析技術を活用し、インスタグラマーの着こなしを解析、似ているアイテムを買えるサービス「SNAP by IQON」を提供しています。採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」など、ファッションのIT化を進めるスタートトゥデイの傘下で、VASILYが再び存在感を発揮できるか、興味深いところです。

VASILYの過去業績、他の企業情報は「NOKIZAL」で確認できます

photo

《サービス紹介》

NOKIZAL」は就活生から社会人まで、無料・登録不要で使える日本最大級の企業情報活用アプリです。4万社以上の業績情報に加え、メールやカレンダー、各企業や関連情報サービスへの外部連携も充実しており、企業情報収集をサポートします。帝国データバンクが保有する100万社以上の企業調査情報も追加利用可能です。

《著者紹介》

平野健児。新卒でWeb広告営業を経験後、Webを中心とした新規事業の立ち上げ請負業務で独立。WebサイトM&Aの「SiteStock」や無料家計簿アプリ「ReceReco」他、多数の新規事業の立ち上げ、運営に携わる。現在は株式会社Plainworksを創業し「NOKIZAL」を運営中。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.