ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年02月21日 10時27分 公開

Twitter、自殺助長ツイート投稿者は「凍結の可能性」 ヘルプセンターに明記

Twitter Japanは2月21日、Twitterルールで禁止している「自殺や自傷行為の助長」の定義や、自殺を助長するツイート投稿者への措置をヘルプセンターに明記した。

[ITmedia]

 Twitter Japanは2月21日、Twitterルールで禁止している「自殺や自傷行為の助長」の定義や、自殺を助長するツイート投稿者への措置を、ヘルプセンターに明記した。「自傷行為や自殺の助長・推奨のみを行っているアカウントは凍結される可能性がある」としている。

画像 更新されたヘルプセンターより

 「自殺や自傷行為の助長」とは何かを明確に定義。「過食症、拒食症、接触行動に重大な混乱を引き起こす深刻な病気など、摂食障害を助長または推奨する」「自殺の方法を教えたり、集団自殺や自殺ゲームに参加したりするなど、自らの命を絶つ行為を助長または推奨する」などと具体的に記載した。

 自殺や自傷行為の推奨を行うなど、ポリシーに違反しているとみなされた場合、ツイートの削除が要請されるか、アカウントが一時的にロックされツイートできなくなることも記載した。繰り返し違反したり、自殺や自傷行為の推奨のみを行っているアカウントは、凍結される可能性があるという。

 昨年起きた、自殺志願者をTwitterなどで誘い出し殺害したとされる神奈川県座間市の事件を受け、同社は自殺関連の対策を強化しており、今回の対策もその一環。これまでに、自殺願望をツイートしたユーザーへのケアや、自殺関連ワードを検索したユーザーに対して、専門の相談機関を紹介するといった取り組みを行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.