ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月21日 15時44分 公開

熊本電力、仮想通貨マイニング事業に参入 “業界最安値”の電気代うたう

熊本電力が、仮想通貨の採掘(マイニング)事業を行うOZマイニングを設立。顧客の用途に応じてマイニング施設の構築や、クラウドマイニングサービスの提供を行う。

[井上輝一,ITmedia]

 地域新電力の熊本電力(熊本市)は2月20日、仮想通貨の採掘(マイニング)事業を行う関連会社OZマイニング(東京都港区)を設立したと発表した。顧客の用途に応じてマイニング施設の構築や、クラウドマイニングサービスの提供を行っていく。熊本電力による、業界最安水準で安定した電力供給をうたう。

熊本電力の仮想通貨マイニング事業を担うOZマイニングの公式サイト

 OZマイニングは、拠点は非公開としながらも既に自社設備でマイニングを行っているという。クラウドマイニングで提供する計算資源は、自社設備から提供する予定。

 マイニング施設の構築は日本全国に対応し、「エリアによって価格の幅はある」としながらも、熊本電力からの電力供給により1キロワット時10円台を目指す。

 OZマイニングは、太陽光発電所などの増加で余剰電力が発生していることに注目。「出力を抑制する間の余剰電力をマイニングへと振り向けることで、余剰電力のムダを省くことを目指す」としている。

熊本電力は現在九州電力エリアと東京電力エリアで電力サービスを行っているが、OZマイニングが構築するマイニング施設への電力供給は全国対応するという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.