ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2018年02月22日 06時40分 公開

Apple、バッテリー用コバルトの直接調達を交渉中? 電気自動車需要を背景に──Bloomberg

Appleが、自動運転車需要急増で不足が予想されるバッテリー材料のレアメタル、コバルトを確保するため、鉱山企業と直接調達について交渉中とBloombergが報じた。

[ITmedia]

 米Appleが、iPhoneなどのバッテリーの材料であるコバルトを鉱山企業から直接調達するために交渉中であると、米Bloombergが2月20日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 コバルトは、リチウムイオン二次電池の正極材料として使われるレアメタル。電気自動車用バッテリー需要が伸び、不足が懸念されている。BMWやVolkswagenなどの自動車大手が鉱山企業と複数年の直接調達契約を既に締結したという。

 battery iPhoneのバッテリー(画像:iFixit)

 匿名希望の情報筋の1人によると、Appleは年間数千トンのコバルトを向う5年間確保する契約を求めているという。同社は1年前から複数の鉱山企業とコバルトをめぐる交渉を行っているが、契約が成立しない可能性もあると別の情報筋は語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング