ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年02月22日 08時53分 公開

クックパッド「世界中のすべての家庭で毎日の料理が楽しみになった時、当会社は解散する」定款に追加 狙いは?

「世界中のすべての家庭で毎日の料理が楽しみになった時、当会社は解散する」――クックパッドがこのほど、定款にこんな条項を追加すると発表し、ネットで物議をかもしている。なぜ、こんな条項を追加したのか。

[岡田有花,ITmedia]

 「世界中のすべての家庭において、毎日の料理が楽しみになった時、当会社は解散する」――レシピ投稿サイト「クックパッド」を運営するクックパッド(東証1部上場)が定款にこんな条項を追加すると発表し、「上場企業の定款としては変わっている」「世界の家庭で毎日の料理が楽しみになったか、どう計測するのか」などとネットで物議をかもしている。

 なぜこんな条項を追加したのか。クックパッドの広報担当者に取材した。

画像 クックパッド(PC版)トップページより

画像 定款変更に関するクックパッドの開示より
画像 赤枠部が話題になっているカ所

――2月16日に公表された定款一部変更のお知らせ(PDF)によると、定款に「ミッション」が追加され、「世界中のすべての家庭において、毎日の料理が楽しみになった時、当会社は解散する」と記載されています。これを追加したのはなぜでしょうか?

 当社の事業活動の目的・存在意義を明確にし、常にぶれずに「料理」に関する様々な課題解決に向けて注力していくためです。

――「世界中のすべての家庭において、毎日の料理が楽しみになった」かどうかは、どのように調査・実証するのでしょうか? また、そうなったときに「解散する」のはなぜでしょうか?

 料理は健康なからだをつくることであり、豊かな社会をつくることであり、また地球のこれからをつくることだと当社は考えています。毎日の料理が楽しみになったときには、上記の課題が解決できていると考えます。世界中の人々が「毎日の料理を楽しみにする」を達成するのは非常に高い目標ですが、それが達成できたとき、「クックパッド」の存在意義がなくなると思っています。

 一方で、会社法上の解散事由は、客観的・具体的に判定できない条件については効力を有しないとされており、その意味で、今回の定款変更案に基づいて当社が解散することは法的にはありません。

 すなわち、同条項は、ミッションの実現に対する当社の想いをわかりやすい形で表現したものであり、特定の場合に解散することを意図するものではありませんので、ご理解いただけますようお願いいたします。

――つまり、「世界中のすべての家庭において、毎日の料理が楽しみになった」かどうかは、「客観的・具体的に判定できない」と考えておられるということですか?

 「料理は健康なからだをつくることであり、豊かな社会をつくることであり、また地球のこれからをつくることだと当社は考えており、毎日の料理が楽しみになったときには、上記の課題が解決できていると考える」と記載させていただきましたとおり、上記だけでも様々な指標が考えられるかと思います。

――ご回答からすると、この定款を理由に御社が解散することは「ない」、すなわち、「この定款は、御社の思想や姿勢を示したものであって、解散事由を示したものではない」という認識で正しいでしょうか? そうであれば、「解散する」と定める必要もなかったように思うのですが。

 世界中の人々が「毎日の料理を楽しみにする」を達成するのは非常に高い目標に向け、ミッションの実現に対する当社の想いをわかりやすい形で表現し、常にぶれずに「料理」に関する様々な課題解決に向けて注力する為に記載しているものですので、ご理解いただければと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.