ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月06日 12時21分 公開

LINE Payに「請求書支払い」機能 電気代など、公共料金の支払いも可能に

LINE Payはスマートフォンでバーコードを読み込むと公共料金などの支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」を開始した。

[太田智美,ITmedia]

 コミュニケーションアプリ「LINE」の決済サービス「LINE Pay」で、3月6日からバーコードを利用した「請求書支払い」が可能になった。請求書上のバーコードをスマートフォンで読み込むと公共料金などの支払いができる。

 LINEアプリ内のLINE Payにある「請求書支払い」をタップし、請求書をバーコードリーダーで読み取ってパスワードを入力すると支払いが完了する。3月6日時点では、東京電力エナジーパートナーの請求書に対応。4月上旬からは電算システム、5月以降にはSMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターにも対応する予定だ。


LINE Pay 電気料金や水道料金といった公共料金や通信販売などの支払いができる

LINE Pay 利用方法

 これまで請求書の支払いには、対応店舗に請求書と現金を持ち込む必要があったが、スマートフォン上で決済が完結する。

 LINE Payはキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、お金の流通で生じる摩擦(時間や手間、手数料など)をゼロにする構え。「モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指す」としている。


LINE Pay 対応企業

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.