ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月14日 15時41分 公開

電通、VRを使った発想支援ツール開発 「HMD装着時に気になる口元まで覆う」専用ウエアも

VR空間に画像や動画を自由に配置することで、ビジネスの発想などを支援ツール「COMOLU」を電通などが開発。COMOLU空間に没入するための専用ウエア「COMOLU WEAR」も。

[ITmedia]

 電通は3月14日、デジタルコンテンツ開発などを手掛けるアタリ(東京都港区)と共同で、VR空間に画像や動画を自由に配置し、整理・閲覧することで、ビジネスの発想などを支援ツール「COMOLU」(コモル)を開発したと発表した。Microsoft Storeを通じて配布する予定だ。COMOLU空間に没入するための専用ウエア「COMOLU WEAR」(コモルウェア)も開発している。

画像 HMD内のイメージ画像
画像 COMOLU WEAR

 COMOLUは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)とコントローラーを使い、何百枚もの画像・動画を3D空間に自由に配置し、アイデアを視覚的に整理できる。付せんにメモする機能や、音声認識やバーチャルキーボードを使って指定したワードで画像検索し、好みの画像をVR空間上に配置する機能、最新ニュースをVR空間内で閲覧する機能、気になる画像や付せんを1枚のPDFにまとめて保存する機能も備えた。

 このツールを通じて、「気分転換のために場所を変えたり、文言や画像を壁に張り出したりといった、これまでアイデアを生み出すために実空間で行われていた行動をVR空間に移行できる」としている。

 「Windows Mixed Reality」プラットフォーム向けに制作しており、今後、Microsoft Storeを通じてコンシューマー版の提供を行う予定。基本機能は無料、一部機能は月額360円。法人向けにはビジネス版も提供する計画だ。

 より深くCOMOLU空間に没入できるようにするための専用ウエア「COMOLU WEAR」も開発中。軽く通気性の良い素材でできたフードをかぶり、HMDを装着した際に気になる口元まで覆うことで、情報空間での「コモる体験」を拡張するという。ケープ型でアームホールが大きいためコントローラーも動かしやすいとしている。ファッションブランドHATRAのデザイナー・長見佳祐さんとCOMOLUチームで共同開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.