ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月14日 17時01分 公開

課金すると“推し”に高級肉が届く? 女性ファンの熱量をカロリーに変えるバンナムの動画配信サービス (1/2)

バンダイナムコエンターテインメントが2018年春、動画配信サービスに本格参入する。「俳優たちが寝食を共にしながら映画制作するのを24時間放送し続ける」「視聴者の応援がキャスティングにつながる」など、型破りな番組を予定しているが、その狙いは。

[村田朱梨,ITmedia]

 とある若手俳優の追っかけをしている筆者の友人は、出演舞台を見た後、牛タンを食べながらこう言った。「私の課金で、推しにもおいしいものを食べてほしい」。そんな願望がかなう(かもしれない)番組が、2018年春に始まろうとしている。

(※)推し……応援しているアイドルや俳優のこと

 番組の名前は「シェアハウCHU!」。俳優たちが寝食を共にし、短編映画を作り上げる様子をほぼ24時間、ライブ放送し続ける番組だ。視聴者のコメント、バーチャルアイテムの使用が“応援”となり、俳優たちへの高級肉の差し入れ、映画のキャスティングなどにつながるという。

 そんな型破りな番組を手掛けるのは、バンダイナムコエンターテインメント。シェアハウCHU!は、同社が18年春に始める動画配信サービス「&CAST!!!」(アンドキャスト、スマートフォンアプリ)で配信を予定している番組の1つだ。

photo 「&CAST!!!」のサイトより

「集まった6人の寝食の様子を“だだ流し”する」

 アンドキャストは、スマートフォンアプリ(iOS/Android)として提供。アプリ画面には、生配信の動画とオリジナルゲームを同時に表示し、声優やタレントなどの配信者(キャスト)と視聴者のアバターが一緒に遊べる仕組みを用意する。

 配信番組の1つ、シェアハウCHU!のチャンネルでは、テレビや舞台、2.5次元ミュージカルなどで活躍する12人の若手俳優が、6人ずつ2チームに分かれてシェアハウスで暮らす。その様子をキッチンや部屋に設置した定点カメラで撮影し、ほぼ24時間放送する。

photo 「シェアハウCHU!」

photo バンダイナムコエンターテインメントの桝井大輔ゼネラルマネージャー

 アンドキャストを担当する同社の桝井大輔ゼネラルマネージャー(NE事業部 第3プロダクション)は、「集まった6人が寝食を共にして、1つの作品を作り上げていく様子を“だだ流し”にする。脚本は2チームとも同じもので、原則室内で撮影できるものにしてあるので、撮影風景も見られる」と話す。

 定点カメラの映像を見ることはもちろん、定期開催の「公式番組」や、俳優たちが個別に行う「キャストライブ」も視聴できる。コメントやスマホアプリ内のアイテム(一部有料)を届けたり、配信と同時に遊べるゲームで貢献したりすると、好きな俳優やチームを応援可能。そうした応援は、シェアハウスや映画のキャスティング、視聴者への「個人的なお礼」や「イベントへの招待」などに形を変えて還元されるという。

photo 配信の様子(「シェアハウCHU!チャンネル」公式サイトより)

 「例えばキッチンで、AチームとBチームのうち、より多くユーザーから応援を集めたチームに高級な肉や魚をプレゼントする、というようなことを考えている」(桝井ゼネラルマネージャー)

 視聴者の応援が還元される仕組みはシェアハウCHU!チャンネル以外の番組にも取り入れる。同社の新規IP(知的財産)「学園執事」のチャンネルでは、積極的に応援した視聴者が、キャラクターの声を演じる執事が実際に働いている執事喫茶「地下宮殿」へ招待されることもあるという。

photo 学園執事

 斬新な番組を配信予定のアンドキャストだが、配信番組を考える際、特に意識したのは「女性ユーザー」という。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.